ABOUT

「トリュフせんべい」はオランダ・アルバ産の上質なトリュフ塩をふんだんに使い、トリュフそのままの香りと味を追求したおせんべいです。香気高いトリュフは古来、フランス料理の世界でも珍重されてきました。伊崎屋半兵衛は世界三大珍味の一つを、伝統的な「京せんべい」の製法で包み、洋と和を融合させた新たな京土産を開発しました。


数十回にも及ぶ試行錯誤の上で形だけのものではなく「本物」にこだわり「本物」以外は出しても無意味であると感じ、地域団体商標登録番号第5063277号「京せんべい」の新しい形として提案いたします。


強力なカウンターパートナーとして同じ価値観を共有することができる、大正11年創業関製菓本舗を製造元としてお迎えし、オランダに本社を置く世界的な高級食材チェーンOIL&VINEGARにも協力を仰ぎ、本製品の開発に着手。「京せんべい」としての美しさや材料の定義をはじめとした伝統にも徹底的に配慮し完成に至りました。


ロゴの伊崎屋半兵衛は、京都清水の陶芸家で文斎窯窯元の六代目小川文斎による揮毫。文斎氏には陶芸家として現代美術家として「器」に乗る商品に興味を持っていただき伝統と革新の融合に全面協力をいただきました。
文化庁の京都移転、東京オリンピックや、大阪万博の開催が決定する中、日本の伝統×伊崎屋半兵衛を京都の新しいお土産として世界に発信してまいります。